目に良い食材を知って疲労を改善しよう!

目によい食材

 

コンタクトをし続ける事で目に対しての負担はとても多く、日頃から目を労わる事が大切です。
食生活の改善によって、目の健康状態を保つ事も出来るので目に良い食材を知っておき日頃の食事に取り入れて下さい。

 

有名食材もありますが、その他の食材をお伝えさせて頂きます。

 

先ず、有名な食材として一番あげられるのが、ブルーベリーです。

 

ブルーベリーに含まれる、アントシアニンという色素には、ビタミンAとともに目の網膜の色素の再合成を促す働きがあります。
また、毛細血管を保護&強化するので、目の血行をよくします
そのため、炎症や潰瘍などの回復もサポートします

 

じつは、このアントシアニンを、ブルーベリーの2倍含んでいる食べ物があります。
それが、カシスです。
カシスアントシアニンには、抹消の血流改善効果により筋肉の緊張状態を緩和するため、冷え性や肩こりに効果が期待できるだけではなく、パソコン作業などによる眼精疲労も軽減すると考えられています。
カシスアントシアニンは毛様体筋の緊張を緩和し、目の「コリ」をほぐす効果がある事がわかったのです。

 

また、カシスアントシアニンの末梢血流改善効果は、目の周りの血流も向上させ、女性の悩みの一つである、目の下のクマの解消にも期待できます。

 

さらに、目に効く食べ物の代表としてニンジンがあります。
ニンジンには、体内でビタミンAに変わります。
ベータカロテンが豊富に含まれています。

 

ビタミンAが不足すると、前述した通り、網膜や角膜の細胞が作られるスピードが遅くなったり、角膜の透明度が低くなったり、表面が乾いたりして、炎症が起こりやすくなります。

 

さらに、ビタミンAのひとつである、吸収のよいレチノールにも注目です。
レバーなど、動物性食品のみに含まれています。
もうひとつ、最近注目されはじめている栄養素があります。

 

もうひとつ、最近注目されはじめている栄養素があります。
ルテインという栄養素で、目の老化を防ぐ働きがあることがわかっています。

 

 

 

【ビタミンA】

ニンジン
ホウレンソウ
ケール
パセリ
のり
レバー
銀むつ

 

【ビタミンB群】

レバー
たらこ
すじこ
納豆

 

【ビタミンC】

いちご
キウイフルーツ
柑橘類
ピーマン
ブロッコリー

 

【ビタミンE】

アーモンド
落花生

 

【アントシアニン】

赤ワイン
ココア
ブルーベリー
カシス

 

【カテキン類】

緑茶

 

【ゴマリグナン類】

ごま
ごま油

 

【リコピン】

トマト
スイカ