パソコンで疲れないように作業する方法

パソコン作業をするときは

 

カラコンをした状態でパソコン作業をしているととても疲れます。

 

パソコン作業の多い人は、作業に熱中すればするほど、モニター画面を凝視する時間が長くなり、まばたきの回数が減ります

 

また、パソコン周辺は乾燥している傾向があり、目が乾きやすい環境です。
目が充血してしまう人もいるようです。

 

私たちがパソコンで作業をする際、ディスプレイが目線よりも上にあると、まぶたを大きく開けることになります。
すると、目の表面積が増えて涙が蒸発しやすくなり、目が乾きやすくなります。
逆に、ディスプレイが目線より下にあればあるほど、まぶたをあまり開けなくても見る事ができ、目は乾燥しにくくなります。

 

 

つまりドライアイを防ぐには、まぶたを大きく開けない環境が望まれます。
パソコンのディスプレイを目線より下に置くようにするだけで、簡単にドライアイ対策ができるので、カラコンを付けた事でドライアイになりやすい状況を少しでも緩和するために、パソコン作業中は出来るだけ目線を下げて使用できるよう心がける事が大切です。