目を清潔に保つための化粧とレンズの順番は?

化粧とレンズはどちらが先?

 

化粧する女性は、化粧の前にレンズを装着しましょう」というのが一般的です。
問題はレンズを外す際の、化粧とレンズの順番です。
通常は「化粧を完全に落としてから、レンズを外す」です。
しかし、レンズに付着した汚れの種類をメーカーに聞いたところ、目の中の分泌物はもちろん、ファンデーションやアイライナー、整髪料などの他に「化粧落とし」があったのです。
これは化粧を落とす前にレンズを外しても、その後にレンズを外しても目の中以外の汚れが目やレンズに付着するということです。
なので、化粧は目と皮膚粘膜の境目までするのは好ましくありません。
できれば、目をしっかり閉じた状態で化粧を全て落とせる範囲でするのがいいのです。

 

その上で「完全に落としてからレンズを外す」ということが好ましいでしょう。
マスカラにしても化粧にしても表面の微粒子が、風が吹いて目に入ることもあります。
それが付着した状態でレンズを「こすり洗い」すると汚れが広がるだけです。

 

他に目の中に汚れを入れてしまう原因があります。
それは「目薬り」です。
目薬の一滴は目の中に収まりきれない分量です。
結局目の周りの化粧品の微粒子を目の中に侵入させることになります。
そのまま瞬きをすると汚れを広げることになりかねません。
乾きに便利な目薬ですが、汚れが気になる人は神経質になったほうがいいかもしれませんね。