カラコンを使用してパソコンを長時間行うには

長時間に渡るパソコンで仕事

 

カラーコンタクトは、普通のコンタクトに比べて、目が疲れやすいとも言われています。

 

使用し続ける事で起こりうるドライアイの症状

日常生活でカラーコンタクトを使用していなくても目が疲れると言った症状にはなると思います。
誰でも起こるこの症状にカラーコンタクトを使用している方はさらにドライアイに落ちおりやすいです。
少しでも、ドライアイから解放されるために、原因を知っておく事が大切です。

 

ドライアイとは、目の表面を覆っている涙の量が減ったり、その質が変化してしまうことで起こるトラブルの総称です。

 

涙には、常に一定量が分泌されていつもの目の表面を濡らしている「基礎分泌」と、悲しいときやタマネギを切った時などに分泌される「反射性分泌」の2種類があります。どちらの涙も大切な役割を担っており、目の乾燥防止、角膜への酸素や栄養素の補給、ほこりアレルギー物質などの洗浄、細菌やウイルスなどの殺菌といった重要な働きをしています。
正常な目は、涙の分泌と排出が均等に保たれていますが、ドライアイになると、目の表面を覆う涙の量が減り、角膜が部分的に露出して、ダメージを受ける状態になります。
さらに、涙によって角膜に供給される酸素や栄養分も不足して、さまざまな障害がおこります。
ひどくなると、目の表面に傷ができて、痛みや充血、視力の低下まぶしさなどを感じるようになります。

 

 

なお、ドライアイは涙の分泌が減ってしまう「涙液分泌減少型」と、涙の蒸発が増えてすぐに目が乾いてしまう「涙液蒸発過多型」の二つに分類されます。

 

ひとつめの「涙液分泌減少型」には、「シェーグレン症候群」のような自己免疫疾患が基礎にある場合と、全身的に病的な要因がないのに涙が減ってしまう場合があります。

 

涙が減る原因として、科学的には証明されていませんが、ストレス、ホルモンバランスなどが関係していると考えられます。

 

ふたつめの「涙液蒸発過多型」にはパソコンによる「VDT症候群」が多く見られます。
また、コンタクトレンズの装用によって生じることもあります。
そのほか、眼瞼痙攣といったまばたきの異常のよるものや、薬剤に対する過剰なアレルギー反応で発症します。